2019年04月21日

4/21体験会 TRM

こんばんは、りょうじんオヤジです。
本日は午前中にCFC春の体験会、午後からはTRMと予定はパンパンです。
午前中の体験会。参加者は幼稚園児や小学校低学年が中心で、さすがに6年兵になると新入部員は来ませんが、最高学年として魅せるものはあります。テクニックやパワーもそうですが、『サッカーは楽しい』が伝えることが一番!それぞれのメンバーがそれぞれに役割をこなしてくれました。仮に入部しても6年兵は練習時間で顔を合わすことはないですが、後輩が増えるといいね!
IMG_20190421_103402.jpgIMG_20190421_103506.jpgIMG_20190421_103309.jpgIMG_20190421_103241.jpgIMG_20190421_103512.jpgIMG_20190421_103106.jpgIMG_20190421_102759.jpgIMG_20190421_102751.jpgIMG_20190421_102639.jpgIMG_20190421_100659.jpg
さて、午後はTRM お相手いただくのは鷺沼FCさんとOLEの2チーム。
今日の課題は、後ろから組み立てる。
 マール1-3 鷺沼FC
ビエント0-2 OLE
 マール0-2 鷺沼FC
ビエント0-1 OLE
 マール0-0 鷺沼FC
U-12まで1週間、最後のテストマッチでしたが、なかなかうまくいきません。鷺沼FCさんは素早いプレスで攻撃の芽を摘んできますし、OLEさんは組織的なプレーでCFCは攻撃に移れず苦戦を強いられました。

試合後に相手チームのコーチからアドバイスいただきました。『声が出てない』という指摘。ここで声が出てないというのは「がんばろうぜ」とか「ナイスプレー!」という声ではないということ。声が出ていないということを深掘りしてみると、仲間に何を指示してよいか分からない。それは今、なにをすべきか分からないから、それはチームとして課題を正しく共有されていない。またはしているものの理解の幅にズレがある。ゲーム中になにをすべきかが揃っていないのでコミュニケーションが成立していないということ。我々コーチも声が出てない状況を見て、『声を出せ』という指示は正しくないということである。相手チームは敵からボールを奪うアクションひとつとっても奪い方がルール化されておりやることが明確、だから周りの選出も誰に対してもやるべきことを指示できる。コレがチームのコミュニケーションであり、コレが活発なチームは強いということ。
さて、残り1週間でなにができるか?いきなりできなかったことができるようになるわけではないので、意識、想い、やりたいこと、やるべきことをまとめ上げて、コーチと選手気持ちを一つにしてゆこう!焦ることはない!緊張しているのは相手も一緒だよ。
さあ行くぞ!U-12!!
IMG_20190421_144252.jpgIMG_20190421_140527.jpgIMG_20190421_153013.jpgIMG_20190421_153114.jpgIMG_20190421_153335.jpgIMG_20190421_155921.jpgIMG_20190421_172941.jpgIMG_20190421_165211.jpg
posted by 5年生担当コーチ at 20:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: